お見合いパーティーなどの婚活イベントの場では絶対プロフィールカードが渡されます

お見合いパーティーの場では必ずプロフィール(自己紹介)カードが渡されます。

  • お見合いパーティーなどの結婚活動イベントの場では必ずプロフィール(自己紹介)カードというものが配布され、各自事前に記載しておくのですが、それが、会話の話題を考える材料になります。ですので、みなさんと似たようなことをうっかり記載してしまうと、印象に残らないばかりでなく別の人とごっちゃになりかねません。以前、私が男の人からあとでものすごく褒められたことで、私の得意料理が他と被ることなく珍しいものだったと言われた時があったんです。肉じゃが、ハンバーグ、グラタンなどといったものはとても良い印象ですが他の女の方と被りがちです。私は度々「チンジャオロースー」「ナシゴレン」「チャプチェ」といった、料理を作るのに慣れている人しか作らないような、少しですが難しい料理の名前を記入していました。もし、料理を作ることが得意であることをアピールしたいならば、あなたの本来の得意な料理より、どう印象づけるかも計画して記載した方がベストな方法でしょう。

 

結婚活動のことで悩みを持っているのは、実は30・40代です。

  • 結婚活動のことで悩みを抱えやすいのは、30代~40代が多いのです。ちょっと前は、20代で結婚される方がほとんどでした。ですが、女性が徐々に社会進出していくうちに、30代以降になって結婚や出産をする女性が昔に比べると増加しています。しかし、女性の社会的地位が確立されるほど、相手としてふさわしい基準もそういった社会的背景から高くなるのが普通です。「条件をクリアする相手が見つからない」という風に思うのなら、30代・40代専用の結婚活動サイトを利用されるのが良いでしょう。そしてその中には、ハイレベル婚活といったものもあり、セレブ志向な人にはそれらを選択しておくことをお勧めします。

 

結婚活動が目的のパーティー、または婚活系マッチングサイトなどを…

  • 結婚活動が目的のパーティー・婚活サイトといったサービスを通じて現実には、どれくらいの人が結婚まで至っているのでしょう?統計的な割合としては、全体の2~3割といいます。婚活をしている身としては、ひょっとしたら、あんまりいないな・・・という風に感じたかもしれません。だけど、実際、結婚にまで至った相手とは、意外にも結婚活動外で出会うことが多いのです。そういった現実を踏まえ、日頃の生活で「婚活」を意識しつつ最大限の努力をしなければいけません。どこに出会いが待ち受けているかわからないからです。ふとしたキッカケによって結婚に至ることもあるので、諦めないで婚活に励んでみてください。

 

かつて結婚相談所に入会していた際、お見合い用の写…

  • 以前、結婚相談所に入会していた際、相手のお見合い用に撮られた写真と実際にお会いした時の姿との差に驚くことは正直言うと、少なくなかったのです。女なので、男性を紹介してもらっていたわけなのですが、特に髪のボリュームが(ハゲてるとかではないですが)なぜか全然異なることがあります。初めての待ち合わせをした際に見つけられないほど、写真よりも髪の毛のボリュームがはっきりと少ないのです。その件を責め立てる気持ちはないのです。髪の毛の量が少ないということが嫌だというわけでもないし悪いとは言いません。しかしながら最初に相手が見る「写真に偽りがある」というのは、信頼関係に亀裂が生じるのでは?と思うのです。そもそもお見合い写真を撮る際に髪の毛をそのようなボリュームにできるのならば、お見合いの日当日にも一生懸命頑張ってセットしてきていただきたいですし、もしも、できないのならば初めからもともとのスタイルで勝負する方が良いのではないでしょうか。相手がそんな男性だと、騙されたような気分になって、お見合いにおいても気持ちが入らなくなります。男の人はしっかり考えて私と同じように思っている女性は多いはずです。男の人はしっかりと考えてお見合い用の写真を撮影した方が絶対に良いと考えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です